屈辱的な拘束に震える女の子

屈辱的な拘束に震える女の子屈辱的な拘束に震える女の子 (1)
攫われたセーラー服JK。
「屈辱的な拘束に震える女の子」の続きを読む

罰としてお尻を叩かれている二次画像

罰としてお尻を叩かれている二次画像罰としてお尻を叩かれている二次画像 (1)
先輩からのお仕置き。
「罰としてお尻を叩かれている二次画像」の続きを読む

自撮りエロ写メ

自撮りエロ写メ
自撮り (1)
匿名掲示板の女神ちゃん。
「自撮りエロ写メ」の続きを読む

パイパンのツルマンその3

パイパンのツルマンその3
ワレメ (49)
靴下のみ着用。
「パイパンのツルマンその3」の続きを読む

排泄している女子の羞恥姿その4

排泄している女子の羞恥姿その4
排泄エロ画像 (49)
全裸でオムツ交換。
「排泄している女子の羞恥姿その4」の続きを読む

排泄している女子の羞恥姿その3

排泄している女子の羞恥姿その3排泄エロ画像 (33)
野外でオシッコしている女子を目撃。
「排泄している女子の羞恥姿その3」の続きを読む

女子高生にセクハラするエロ会社員

県立商業高校3年・望月はるか
会社訪問/第2応接室
ワープロ検定2級。紙と鉛筆で叩き上げた世代とはえらくかけ離れた人種だ。
そういえば高校生の面接対応を休日にさせるとは人事部長がする仕事か!何か組織に対する不満がこみ上げてくる。
気を落ちつかせ彼女をパソコンの前へ座らせる。
飲みかけのコーヒーをマウスパッドのそばに置き、彼女の腕前を拝見させてもらう
そつなく表計算を完成させていく彼女。2人の間に静かな時が流れていた。
しかしそれは突然だった。彼女のマウスが飲みかけのコーヒーにあたりビール腹のワイシャツとズボンをびしょ濡れにしてしまった。
しばらくの沈黙
2人の間に先程とは違う空気が静かに流れ始めていた。「女子高生にセクハラするエロ会社員」の続きを読む

OL拉致レイプ

 9月14日(木) 午後7時。夕暮れまじかで陽が落ちてきている。街を走る車は皆ヘッドライトをつけ始め、人の視野が一番悪くなる時、それが今だ。
 高田陽一、29才。大手電機メーカに派遣されていたコンピュータシステム技術者。彼は、派遣先の職場にいた秘書の浅川悦子がお気に入りだった。大会社ともなると、事業部長クラスには必ず一人の秘書がつくことになっていて、高田と悦子の出会いは、高田が会社が導入した新しいコンピュータシステムを彼女に教えたことだった。
 たくさんいる秘書達の中でも悦子は特別視されていた。その理由は彼女の容姿、知性、性格、ファッションセンスなど何を取っても申し分ないからだ。
 高田は理知的な、どちらかというとおんな女していないタイプが好みだった。高田が悦子に惹かれたのは、まさに彼女の理知的な顔立ちで、可愛いというより大人の女を感じさせた。
 悦子の背の高さは、167cm。セミロングの髪はいつもきれいに手入れされていた。目立たない服装でありながら、センスが満ちあふれていて、他の女性と一緒にいるとそのセンスが際だつのである。
 うりざね型の顔にやや大きめの瞳は二重瞼で、きりっとしまった口元から発する包むような声は、高田を魅了するには十分過ぎるほどだった。
 その彼女を、高田は待っていた。
 「このバス停から自宅までの300mが勝負だ」
 高田は心の中でつぶやいた。高田は車の中にいた。その車はいつも悦子が降りてくる自宅から最寄りのバス停が見える位置に停車していた。
 悦子の自宅は、開発まもない新興住宅地の中にマンションの一つである。開発まもないため広い土地の割には建物が少なく、建物に入居している人もまばらなため、都心に近い割には人通りが少なかった。
 最寄りのバス停から、悦子のマンションまではさらに人通りが少なく、夜になると全く人影が無くなるほどであった。
 高田は車の中で準備したスタンガンを手にしていた。「OL拉致レイプ」の続きを読む

エロ女子高生を女教師がレズ開発する話

「今年の卒業生はなかなかだったみたいだな」
「ええ、まあ、いい取引先ばかりでしたよ。今年からまた新しいサイクルとなりますが、ある程度リストはすでにしていますよ」
 机を挟んで数枚の書類を見ながら男2人は今年の卒業生の話と新入生の話をしていた。
「それで今度はどの娘にするつもりなんだ?竜司?」
「ええ、それはまぁ後のお楽しみと言うことで、なあに心配はいりませんよ。家庭とは卒業するまで連絡が取れないようにしてますし、なにより我が校は格式ある綾草学園なのですからね」
 綾草学園。中・高と続く私立の女子学園である。毎年卒業・入学時にはマスコミが駆けつけ新たな生徒を映すなど国内においても指折りの伝統校である。
学園長 桜井竜司は学園を全寮制に変えると共に校舎を新しくするなど学園の人気をさらに上げるべく努力を続け、奨学金制度を用いて学力がある者や、スポーツの出来る者など将来の才能の可能性を買う学園としてPRを続けていた。その結果、今や日本有数の進学女子学園になったのである。
「今年はいい粒がそろっているじゃないか・・おまえは誰を担当するつもりなんだ?」
 机の上に広げられたいくつかの写真付きの書類に一通り目を通した竜司の対面の男は新しいおもちゃの選抜にうれしそうに目を細めていた。
「そうですね、私はこの2人をと考えています」
「ほお、親友同士か。おもしろい趣向だな。だが難しいかもしれんぞ」
「そうでなければ、退屈はもうたくさんなのでね」
 机の上には選び出された2枚の書類が並んでいる。2人とも中等部からの進学である程度学園にもなれている、そして学園にいる間に徹底的に素行調査を秘密裏にされている2人である。
「一条 舞に、本堂 つかさ。どちらも楽しめそうですよ」
竜司がにやりとマスコミの前では決して見せないような醜悪な笑みを浮かべる。
 そして竜司の笑う視線の先には今度ターゲットとなる舞とつかさが無邪気に笑っていた。
「ほどほどにな」
「わかってますよ、親父殿」「エロ女子高生を女教師がレズ開発する話」の続きを読む

女子高生脅迫レイプ

 学校での用務員の仕事を正確に把握している者が何人いるだろうか。
 単なる雑用係と思っている教職員さえいる始末だ。日頃の存在感のなさを考えると影の薄い仕事と言えよう。
 ただ唯一この仕事の楽しみといえば女子校だと言うことだ。
 16,7の若い彼女らを見ていると、こちらの目の保養にもなる。特に彼女は...
 川上由里、2年5組、今流行りの茶肌&茶髪だが成績優秀でスポーツもまずまずこなせる。
 彼女が近くを通ると自然と目が追ってしまう。ただ遠い存在であることも承知している。
 この遠い存在をますます遠ざける事件が起きた。
 ”用務員室、小便を漏らし事件”
 翌朝、既に校内では噂になっていた。用務室の小便ジジイとして。
 仕事柄、彼女らと話す機会はないが、冷ややかな視線と罵倒。
 今では床磨きをしてる手を踏みつける女子生徒させいる。
 早速病院へ行った。夜尿症と診断された。
 あまりのショックで仕事を止めようかと考えたが、今の年金では十分に食っていけない。
 もちろん彼女も知っている。そう思うとますます情けなくなる。
 彼女を追う視線に、彼女は見下すような冷ややかな視線を送り返しているようにも思えた。
 学年主任の北村に呼び止められた。5組の川上由里を模試の会場へ送って欲しいとのこと。
 まさに夢のような現実、憧れの彼女を東京まで送っていける。こんな仕事は2度と来ないだろう。
 浮足だった気持ちで模試前日、定刻通り正門に車を付ける。しばらくすると彼女と数人の生徒たちがやって来た。
 1人の生徒が「うわっ、小便ジジィじゃない」と笑い始める。
 「由里、紙おむつ替えるの手伝ってあげなよ!」と爆笑、彼女まで笑っている。
 助手席のドアを開け彼女を促し、足早に車を出した。
 悔しさだけが心に残り、思わずハンドルを握る手に力が入る。
「女子高生脅迫レイプ」の続きを読む